残しておくものと捨てるもの

部屋を片付けてすっきりさせたい時や、故人の遺品の整理を行う時は何を処分し、何を残すか見極めることが重要です。

 

整理を始めると思い入れがあるものは、なかなか捨てられないことがあります。
その時の判断基準となる1つの方法は、買えるものは捨てるということです。

 

これは、生活をして行く上での消耗品や生活必需品はそれにあたります。
きれいではあるが、少しかけている皿などの古い食器類、着なくなった洋服などがあてはまります。
それ以外、捨てにくいものはやはり見極めることが重要となります。

 

確かに何でも捨ててしまえばすっきりしますが、二度と手に入らないものやそれを捨ててしまったため

に、悲観にくれてしまうということもあるのです。

 

後悔をしないための注意点にあたるものの中には写真、記念品、手作りした物や楽器などです。
それらを処分するという判断は非常に難しいと言えますが、思い出の品など買えないものは残すという許容範囲を設けると良いでしょう。

 

その中で、写真が膨大になる場合は、デジタルで保存するという手段もあり半永久的に保管ができるという手段もあります。

24時間受付無料見積もりメールフォーム

運営会社

イークリーン大阪

所在地

〒580-0025

大阪府松原市北新町5-136-3

受付時間

AM9:00~PM19:00

お問い合わせ

TEL:0120-71-9610

mail:info@e-cleanoosaka.com

許認可

古物商認可第622242105308号

遺品整理士認定第ISO1258号

産業廃棄物収集運搬許可02700168097号

遺品整理士資格者有
遺品整理士資格者有

遺品整理士が作ったエンディングノート配布中!

エンディングノートは、遺品整理業のご依頼が多い老人ホーム・病院・葬儀社・社会福祉協議会・市役所・町内会・老人会・シルバー人材センター・デイサービス等で設置のお願い、お配りすることで、その地域の方々のお役立ちできると考えております。

イークリーン大阪では大阪府下での無料説明会および施設への無料設置を随時行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

詳しくはこちらをクリック↓

エンディングノート

提携企業様大募集!

不動産管理会社様、マンションオーナー様、葬儀社様、解体業者様、不用品分別、遺品整理、残置物撤去等、ごみに関する問題を特別プランにてご提供さして頂きます。お気軽にお問合せください。