形見分けするものの目安とは

77日とも呼ばれる四十九日が過ぎると、まず行われるのが形見分けです。

形見分けとは故人が生前使っていたものを故人の関係者に贈る行為のことで、一般的には衣類や小物類などが形見分けの品として選ばれます。
その時に贈る側が注意したいのは、あくまでも日常生活の中で傍に置いてもらえるものを贈るようにすることです。

そのため実際に使えるものが好ましく、傷みの激しいものなどは先方からの強い希望でもないかぎりは、形見分けリストから除外しておくことが基本です。
ただ傷みの激しいものでも遺言で贈りたい人が明記されている場合は、そのことを先方に告げて形見分けで受け取ってくれるかを確認する必要があります。

そして形見分けの品を渡す際は、何も包まずそのまま手渡しで行うのが基本です。
包む場合でも半紙のような白い紙を使います。

例外として着物や美術品のような、収納袋や箱が最初からついているものはそれに入れて渡します。

遠方にいる人に形見分けをする場合は配達の事を考えて包装しますが、その場合も過剰な包装にならないよう必要最低限にとどめておき、別に挨拶状を送るのがマナーですよ。

24時間受付無料見積もりメールフォーム

運営会社

イークリーン大阪

所在地

〒580-0025

大阪府松原市北新町5-136-3

受付時間

AM9:00~PM19:00

お問い合わせ

TEL:0120-71-9610

mail:info@e-cleanoosaka.com

許認可

古物商認可第622242105308号

遺品整理士認定第ISO1258号

産業廃棄物収集運搬許可02700168097号

遺品整理士資格者有
遺品整理士資格者有

遺品整理士が作ったエンディングノート配布中!

エンディングノートは、遺品整理業のご依頼が多い老人ホーム・病院・葬儀社・社会福祉協議会・市役所・町内会・老人会・シルバー人材センター・デイサービス等で設置のお願い、お配りすることで、その地域の方々のお役立ちできると考えております。

イークリーン大阪では大阪府下での無料説明会および施設への無料設置を随時行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

詳しくはこちらをクリック↓

エンディングノート

提携企業様大募集!

不動産管理会社様、マンションオーナー様、葬儀社様、解体業者様、不用品分別、遺品整理、残置物撤去等、ごみに関する問題を特別プランにてご提供さして頂きます。お気軽にお問合せください。